Pocket

頼んでもいないのに突然の訪問。貴金属を買い叩く

突然、家に訪問してきて押し売りをする悪徳業者が以前は問題になっていましたが、さいきんでは押し売りではなく、押し買いをしようとする業者がいます。
連絡もなく家を訪れて、使っていないものや不用品など、何でも買い取ると巧妙に話を持っていきます。

最初は書き損じの葉書や切手などを買い取ると言っていたのに、話を巧妙に持っていき、貴金属などはないかと尋ねてきます。
帰って欲しいと感じてもしつこく粘ってくるので、家にある貴金属を見せたところ、それを二束三文で買取りをしようとします。

査定方法もいい加減で、価値のあるものであるのにかかわらず、二束三文の安さで買いたたこうとして、さらに売りたくないと言ってもしつこく粘るので、丸め込まれてしまうことがあります。

不用な物を…と言われれば、つい探してしまう心理

不用品でも何でも買取りますという甘い言葉を言って近づいてくるので、それならゴミとして処分をするのは面倒だし、買いとってもらえるのならお得だろうと受け入れてしまいます。

しかし実際に不用品を買い取ってもらおうとしたら、これだけでは買いとれないので貴金属などを見せて欲しいと言ってきます。
わざわざ来てくれたのだから申し訳ないという気持ちから、探し出して貴金属を見せてしまうと、その親切心につけ込んで安い値段で買いたたこうとします。

口がうまいのでその場では衝動的に売却してしまっても、後で後悔をしてしまうことがあります。
しかし後悔をして買い戻そうとしても、連絡先不明になってしまうので、安く買いたたかれた品物は二度と戻ってきません。

その業者、『行商従事者証』を持っていますか?

家に買取りをしに来たと訪れる業者の中には、価値のあるものを二束三文で買いたたこうとする悪徳業者が少なくありません。
そこで買取り業者の身分を確認するために、行商従事者証を見せてもらうようにします。

行商従事者証は、古物営業許可を取得している人は、行商時には携帯することが義務付けられています。
そのため、提示してほしいというときにすぐに見せてくれる業者でなければ信頼できないといえます。

古物営業許可は国家公安委員会の規則で定められているものですから、提示をしてもらったことにより、業者が営業している会社の場所や業者の身分などを確認することができます。
もし買取りをしてもらった後、不備があったときにも連絡が取れるので安心です。

法で規制されています。不安を感じたら警察へ

高齢者などを狙った詐欺や恐喝が横行するようになったので、国が大きな問題だと考えて、平成28年に改正特定商取引法が施工されました。

家に訪問してきて、物品を売り渡してしまったものの、それが後で二束三文で買いたたかれたことに気付いたり、売却したこをと後悔してしまうことがあります。

このようなケースが増えたことから、改正特定商取引法が施工されてクーリングオフの対象になるようになりました。
ただ悪徳業者の場合は、契約を解除したくても連絡が取れなくなってしまうことがありますし、解除を申し出ても聞き入れてもらえないことがあります。
そんなときはすぐにでも警察や消費者生活センターなどに相談して、対処することが必要です。

利用するなら信頼できる質屋やリサイクル店を

押し買い業者にご注意

押し買い業者にご注意

生活していると、まだ使えるけれどもう使うことはないという不用品が出てしまいます。

そんなときはゴミとして捨てるのはもったいないですが、訪問買取りの場合はトラブルは発生しやすくなっていますから、信頼できる質屋やリサイクルショップに相談して不用品買取りをしてもらうことをおすすめします。

質屋やリサイクルショップなどでは、まだ価値があると鑑定されたものには適正価格をつけてくれます。

そしてその価格に納得してから、自分で売却することを判断できるので、誰かに強制的に買いたたかれるという心配がありません。

質屋などは沢山店舗がありますし、鑑定や査定は無料で行っているところが多いので、複数の店舗を利用して信頼できるお店を探すとよいでしょう。