Pocket

拒食症や過食症。体型に過敏すぎる日本人女性

日本人は欧米人と比べて体型に非常に敏感であり、過度のダイエットをしてしまうケースが少なくありません。
痩せることは健康にいいと言われますが、それは痩せる必要がある場合のみです。

拒食症や過食症を招くほどの減量は健康を害するだけであり、何のメリットもありません。むしろ少しぽっちゃりしている程度のほうが健康的です。

日本人はモデル体型がベストと考えている方が多く、適正体重にもかかわらず痩せようとします。

痩せすぎるとスタミナ不足に陥りますし、筋肉が痩せ細ってしまうと逆に太りやすくなります。
間違ったダイエットには弊害しかないので、すぐにやめるようにしてください。

適正体重を維持できているなら、それ以上は痩せる必要はないと考えてください。

女性「痩せたい」男性「ぽっちゃりでもいい」対立する意識の違い

女性は必要以上に痩せたいと考えるようですが、男性はぽっちゃり体型のほうがよいと考えているケースは多いです。

男女の体型に対する意識は異なりますが、この場合は男性の意見のほうが正しいと言えるでしょう。
適正体重、または少し程度のぽっちゃりなら健康そのもので、病気をはねのけることもできます。

ガリガリに痩せてしまうと病気に対する抵抗力も弱くなるので、早めに体重を戻すようにしてください。
身長に応じた健康体重まで戻すことで拒食症・過食症なども予防できるのです。

無理をしたツケは不健康としてやってきますから、早めに無理なダイエットはやめましょう。

痩せる必要が本当にあるのか、今のままで十分ではないのか、よく考えてみることが大切です。

運動やストレス発散!食事を抜く前にやるべきこと

食事を抜くというダイエット方法は、実は最も失敗しやすいことがわかっています。食べたいものを我慢するのは非常にストレスが溜まりますし、我慢は長くは続きません。

最初のころはトントン拍子で体重が落ちていくでしょうが、やがて頭打ちになります。それでも無理に痩せようとすると、健康を害することになるでしょう。

リバウンドしないダイエットのためにも、運動を取り入れるようにしてください。
運動をして代謝を促進していけば、脂肪が速やかに燃えやすくなります。

何より代謝も促進されますから、1日3食摂っていても痩せやすくなるはずです。
カロリーだけを抑える方法は失敗しやすいので、代謝を促進する方法に変えてみましょう。

まずは無料カウンセリングから

こんなご経験者の方は
・ウエストを10cm以上落としたい女性
・体脂肪をきちんと落としたい方
・身体のラインがきれいになりたい方
・トレーニングは多少きつくてもいいので、結果を出したい方
・何度もダイエットに挑戦したが、リバウンドしてしまった方
まずは無料カウンセリングから。CREBIQ(クレビック)

CREBIQクレビック/Dタイプ

正しい方法で痩せることは、健康にも美容にもよいのです。

やるならば健康的なダイエットを

本当にダイエットが必要ですか?

本当にダイエットが必要ですか?


せっかく体型管理をするなら、ぜひとも健康的なダイエットを実践してください。

不健康を招いてしまう方法は逆効果となり、リバウンドの恐れもあります。

リバウンドするとさらに痩せられない体質に変わってしまうので、必ず正しい方法で痩せるようにしましょう。

正しい方法というのは、筋肉を維持しながら適正体重まで落とせる方法です。
筋肉は残しつつ脂肪だけを落としていく必要があるので、運動やエクササイズなども取り入れるとよいでしょう。

運動することで筋肉を強化できるので、自然と代謝も上がっていきます。

プロテインやアミノ酸サプリを使用する方法もおすすめで、運動による燃焼力アップ、さらに筋力増強作用も期待できます。
正しいダイエットは体内毒素を排出し、肌を整えるメリットもあるのです。

最新おすすめダイエット事情

最新おすすめダイエットとして人気なのが酵素系のドリンクを使用した方法です。
燃焼力を高めつつ毒素も排出できるので、痩せない体質の方におすすめします。

痩せるためには燃焼力アップとデトックスがコツであり、特に食事制限をしても痩せない方は試してみる価値があるでしょう。

酵素ドリンクは胃腸を健康にすることで、消化力を高めることもできます。カロリー代謝が悪くなると急激に脂肪が蓄積されてしまうので、胃腸機能を回復させて脂肪を溜めない体質に変えていきましょう。

胃腸を元気にすることは健康にダイエットする基本でもあり、これを意識すれば何歳でも痩せることができます。
痩せることはスリムな体型を維持するだけでなく、生活習慣病を予防することにもなるのです。