EDの診察・治療方法

EDの治療方法

心因性のEDならカウンセリングから

EDは心因性の症状が多く見られており、精神科医のカウンセリングを受けることが治るケースがあります。
男性は女性が想像している以上に心が繊細であり、些細なことで傷ついて下半身の元気がなくなることがあります。
下半身を強化するためには、常に自信を持つことが必須になるわけです。

EDは生活習慣病全般が大きな関係

ストレスやコンプレックス、悩みなどのEDの原因になるので、精神的に安定していない場合はカウンセリングを受けてみるのも手です。
EDは血行不良によって陰茎海綿体が十分に膨らまないことで発生し、動脈硬化が大きく関係しています。
脂質異常症や高血圧などの生活習慣病全般も関係しており、これらの症状に該当しないのにEDが発症する場合は心因性の症状である可能性が高いです。

診察のおおまかな流れ

EDの治療方法はすごく恥ずかしいと思うかもしれませんが、実際に下半身を見せることはほとんどありません。
検査をしてから治療薬の処方を受ける流れとなり、時間として10~15分くらいと短いものです。
検査は簡単な問診で終わることが多く、その後は経口薬の処方を受けるのが普通です。

ED治療は専門クリニックに

EDの治療方法には内服薬のほかに精神疾患の治療薬を処方される場合もあります。
2回目以降は内服薬だけ処方されて終わりのところが多く、時間にして5~10分くらいです。
最近はED治療の専門クリニックが増えてきており、医師・スタッフが全員男性のところもあります。
治療を受けにくる男性はすべて下半身の悩みを持っているため、恥ずかしいと感じる必要はありません。

EDの治療方法のメカニズム

ED治療薬は日本に3種類存在していますが、いずれも仕組みは同じになっています。
血管を拡張することで陰茎海綿体を膨張させて、必要な勃起力を得ることができます。
正しい用法・用量で服用していれば安全性が高く、副作用も弱いでしょう。

全身の血流を促進が重要

頭痛・めまい・のぼせなどを感じる場合もありますが、一時的な症状のため大きな負担にはなりません。
EDの治療方法薬は全身の血流を促進する仕組みがありますが、特に下半身の血流を顕著にしてくれます。
性欲に対してダイレクトにペニスを勃起させて、若いころの活力を取り戻せるのです。
半立ちだけでなく中折れ予防にも効果的であり、習慣性がないので継続的に使用しても効き目が低下することはありません。
ただし1回目の服用から次回の服用までには、24時間以上を置くことが必須となります。

失敗しない病院選びと、治療にかかる費用

EDの治療方法のためには評判がよくて実績があるクリニックで治療を受けることが大切です。
薬物療法による治療がメインとなるので、費用の内訳の多くは薬の価格となります。
自費診療となるので保険が使えず、1錠1,500円~2,000円くらいします。
クリニックによって価格が300円以上違うことが多いので、継続的に服用される方は安く処方してくれるクリニックを探しておきましょう。
泌尿器科でも治療はできますが、一番のおすすめはED治療の専門クリニックです。
精神疾患の治療薬を処方してくれることもあり、心因性のED治療にも効果的です。
場合によっては早漏・包茎などが原因でEDを引き起こすこともあるので、そうした場合は原因となる症状を改善させることになります。

診察と治療に関するまとめ

EDに悩んでいる方は診察と治療を受けて、早めにコンプレックスから解放されましょう。
セルフケアを試しても実感できない場合は、自分で処理できる範囲を超えています。
特に心因性のEDはメンタルに関する症状・疾患が関係していることが多く、状況によって精神疾患の内服薬を処方されることもあります。
精神的な問題がない場合は血行を促進するためのED治療薬を活用するのが普通です。
費用は全額自費となりますから、費用を抑えるためには薬代の安いクリニックを選ぶのがよいでしょう。
1錠あたり300円くらいの差はあるので、月に10錠の服用なら3,000円の差となります。
EDの治療方法は薬物療法に加えて生活習慣を改善し、動脈硬化を予防していくことも大切です。