ED(勃起障害)とは

ED

EDとはErectile Dysfunction の略称

国内では元々の名前ではなく、ほとんど略称で呼ばれています。
勃起機能の低下によって十分な血液量がペニスまで行き渡らない状態を指します。
主に中高年の男性が抱えています。
EDとはErectile Dysfunctionを略した名称で加齢の影響が最も大きいと言われています。
50代以降になりますと、ペニスの機能が著しく減退します。

40代以降から勃起障害が増大

個人差はありますが、40代以降から勃起障害のリスクは増大します。
ただ最近ではストレスの影響から若い人々の間でも勃起不全になる人々が増えつつあります。
男性の健康的な日々に深刻な打撃を与えます。
勃起機能の衰退は男性の自信喪失につながります。
ペニスの機能が鈍化すると満足行く性生活が送れなくなります。

勃たないことだけがEDではありません

世間一般ではペニスが完全に勃起しない状態だけをEDと呼んでいますが、それは正しくはありません。
EDの定義は世間の人々が考えられるよりも広いです。
満足のいく性交が行えない状態もまたEDの症状に合致します。

中折れ現象が起き始める

具体的には中折れが性交の途中に起きる事です。
ペニスを女性器に挿入し、気持ちよく性交をしていたにも関わらず、本人の意思とは別に急にペニスが持続力を失い、萎えてしまったらそれはEDの症状の一つとなります。
また勃起自体は毎晩しっかりと行えるが、勃起力が長続きせず、挿入を果たす前に硬さが失われたり射精してしまう状態も満足のいく性交が行えない状態と言えます。
短時間で勃起力が喪失すれば、それは男性にとって大きなストレスになります。

年齢だけではない、EDの原因となる要素

主要なEDの原因は加齢ですが、それだけではありません。
飲酒や喫煙といった習慣が原因になる事も多いです。
実際に普段から大量のお酒とたばこを嗜む男性は年齢に関係なくEDになりやすいです。
お酒やたばこは社会人男性なら自然と嗜むものですが、大量に消費すると心身に負荷を与えるものです。

ストレスが大きな要因

またストレスもまたEDの原因になる大きな要因です。
仕事のストレスが大量に蓄積すると、精神的な疲労から突発的に勃起機能が喪失します。
良くない生活習慣はそのまま男性の性機能のダメージを与えます。
また血圧が元々高めな方々は潜在的にEDのリスクが高いとも言われています。
血圧が高めの方々は他の人々よりも僅かな飲酒や喫煙の量で勃起力が低下しますので、健康管理には人一倍の注意が求められます。

気になったらセルフチェックを

気になったらセルフチェックをしてみましょう。
EDの症状があるか、まず最初は自分で確かめてみるのがおすすめです。

挿入可能な硬さか確認してみましょう。

健康的なペニスは適度な硬さを一定時間、特に意識しなくてもキープさせられます。
勃起状態の維持が数分、しっかりと可能であれば特に問題はありません。
またペニスの亀頭の硬さを調べるのもおすすめです。
こんにゃくのように柔らかい状態だとEDの疑いがあります。

亀頭の硬さも確認してみましょう。

亀頭が柔らかすぎると性交の満足度が低下し、また持続力も既に低下している恐れが高いです。
また勃起が困難だった頻度を確かめてみるのも大事です。
一週間に一度や二度程度なら、その日の疲れやストレスが原因であり、深刻に考える必要はありませんが、一方でEDの症状が高頻度で出るなら専門家に相談しなければいけません。

EDに関するまとめ

EDの定義は世間の人々が考えている状態よりも広く、実は自覚していないだけで実際は勃起機能のハンディキャップを抱えてしまっている方々が大勢いらっしゃいます。
性交が出来ればEDでなはい、と考えるの早計です。

毎晩性交が仮に可能だったとしても、満足いく内容でなければ、それは性生活にとってリスクです。
セルフチェックで自分の下半身のコンディションを確かめてみましょう。
セルフチェックの結果、特に大きな問題がなければ、そのままの暮らしで維持してOKです。
反対に気になる点が少しでもあれば、専門家に相談したり、自分なりに対策方法を模索すべきです。
勃起の状態が不安定になりますと、夫婦の営みにも深刻なリスクが生じますので、早めの対策が求められます。